関連行事案内
2011/11/11

2011/11/13(日)子どもの笑顔・元気サミットin仙台

固定リンク | by:なかやま

【子どもの笑顔・元気サミットin仙台―被災地の子どもたちのためにいま私たちがで

きること―】

 

11月13日仙台で「子どもの笑顔・元気サミット―被災地の子どもたちのためにい

ま私たちができること―」を開催します。被災した子どもの現場を支えるために「子

ども・心のケア」をテーマとしたシンポジウムです。専門的な知識の習得だけでなく

具体的な対応も考え討議します。現場にすぐに活かせる研修会です。入場無料。ぜひ

みなさまお誘い合わせの上お越しください。

 

◆名称/子どもの笑顔・元気サミットin仙台

   ―被災地の子どもたちのためにいま私たちができること―

 

◆日時/11月13日(日)13:00~16:00

◆参加費/入場無料

◆会場/仙台市福祉プラザ プラザホール

      仙台市青葉区五橋2丁目122

◆テーマ/被災地の子ども・心のケア

◆プログラム/

13:0014:05基調講演 「被災地の親と子どもの心のケア」

     講師:野田哲朗氏(大阪府立精神医療センター高度ケア科主任部長)

14:1515:55シンポジウム「震災後の子どもの心のケアについて」

    パネリスト野田哲朗氏

         後藤誓子氏(東松島市野蒜保育所所長)

         柴田滋紀氏(にじいろクレヨン【旧称石巻こども避難所クラブ】

代表)

         新田新一郎氏(子どもの笑顔元気プロジェクト代表)

◆主催/NPOみやぎ・せんだい子どもの丘 財団法人こども未来財団

◆後援/こども環境学会・宮城県教育委員会・福島県教育委員会・各メディア他


11:07 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2010/12/15

2011/01/19(水)【東京】海外の学校建築-国際的動向と先進事例の紹介-

固定リンク | by:なかやま

OECD/CELEが世界の学校建築に関する事例集を作成することとなり、これに掲載する作品として、世界33カ国から推薦された166校の中から、我が国の「ふじようちえん(立川市)」が最も傑出した作品に選ばれました。

 今回の講演会では、この表彰式と「ふじようちえん」の設計者である手塚貴晴氏+手塚由比氏の記念講演を行うとともに、CELEの2人の専門家が世界の学校建築の最新動向をお伝えします。また、東洋大学の長澤悟教授には、これまでに視察された海外の学校の中から、今後の施設計画に役に立つ情報を説明していただきます。

海外の学校建築講演会パンフレット.pdf

14:56 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2010/12/15

2011/02/12(土)【名古屋】発達障がいを生きる(愛知県民講座)

固定リンク | by:なかやま

愛知県心身障害者発達コロニー発達障害研究所

心の発達の個性を守り、育み、活かす―循環型地域療育・教育に必要なこと―

 

今年度9月に東海こども環境研究会でご講演いただいた舟橋先生から22年度県民講座のご案内です。

2011212日(土)13301630

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38

http://www.winc-aichi.jp/ JR・地下鉄・名鉄・近鉄・各名古屋駅より徒歩2

 

主催:愛知県心身障害者コロニー 発達障害研究所 http://www.pref.aichi.jp/hsc/

問い合わせ:TEL 0568-88-0811(内線3503FAX 0568-88-0829

申込方法:参加希望者は、直接、主催者宛に往復はがきかFAXでお申し込みください。

(住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号を明記)

 

締め切り:128日(金)消印有効

※席に余裕がある場合は、当日会場受付にて参加申し込みも可能です。

※入場無料

 

講演1:永田雅子(名古屋大学・准教授)

発達にアンバランスを抱える子どもとその家族への想起支援の試み

講演2:舟橋 厚(愛知県心身障害者コロニー 発達障害研究所教育福祉学部・室長)

快情動場理論を療育や特別支援教育の現場に活用する

講演3:田中道治(京都教育大学 教育学研究科発達障害学専攻・教授)

障害のある子どもの活動・学習意欲と自己の発達を促す


14:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2010/11/14

2011/01/09(土)【伊豆】こども・遊び・環境フォーラム

固定リンク | by:なかやま

こども・遊び・環境フォーラムin 伊豆
こどものゆがみが指摘されるようになって久しい。
今、こどもが育っていくのに、何が大切なのだろう?
研究者と実践者が縦横に語り合う!!

日 時 2011年1月9日(日)13:30~16:30

会 場 伊豆市生きいきプラザ2階会議室
●徒歩 伊豆箱根鉄道修善寺駅より10分
●タクシー 伊豆箱根鉄道修善寺駅より3分
http://www.city.izu.shizuoka.jp/form1.php?pid=396
参加費 500円

★準備の都合上、参加の際は下記に事前にご連絡ください。
天城こどもネットワーク FAX0558-72-7731

【プログラム予定】
13:00 受付開始
13:30 基調講演
汐見稔幸 氏(こども環境学会副会長)
阿部治 氏(日本環境教育学会会長)
中山豊 氏(こども環境学会事務局長)
14:30 実践報告(天城こどもネットワーク)
特定非営利活動法人天城こどもネットワーク
15:00 パネルディスカッション
16:00 全体討議・まとめ
16:30 閉 会

★オプション企画 17:30 から19:30 夕食交流会(別会場にて)
参加費3千円(飲み物別にて)参加希望の方はご連絡下さい。


110109こども遊び環境フォーラム伊豆s.pdf


13:00 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2010/11/14

11/30(火)「山はみんなの宝!全国大会」

固定リンク | by:なかやま

◆開催趣旨

国土の70%近くを占める“山”は国民共有の財産(宝)です。山の自然を守り、適正に利用することは、人々の暮らしを守り、健康や楽しみを提供し、安全で健全な地域社会を育む基本です。そのため、すべての人々は山の自然を守り、適正な利用に向けて行動し、立場を超えて協力することが求められています。

山の自然保護と適正利用を考える“国民会議”は、この基本的な考えを共通認識とし、山が抱える問題の改善・解決を図るために、それぞれの立場で役割を分担し、行動で示し、山が本来持つ望ましい姿を実現するために設立します。その設立に向け、山小屋や山岳・自然保護団体はもとより、広く市民・市民会議、企業、行政、研究者に呼びかけ、「山はみんなの宝!全国大会」を下記の通り開催します。

◆開催概要

 日 時:2010年11月30日(火)17:00~20:00(開場16:30)

 会 場:日本青年館 地下1階 中ホール

160-0013  新宿区霞ヶ丘町7番1号

JR千駄ヶ谷駅より徒歩9分、銀座線外苑前駅より徒歩7分

TEL.03-3401-0101http://www.nippon-seinenkan.or.jp

 主 催:「山はみんなの宝!全国大会」実行委員会

 定 員:300名

参加費:無 料 *ただし、交流会参加費:5,000円

101130山はみんなの宝!全国大会開催案内.pdf

 


00:00 | 投票する | 投票数(26) | コメント(0)
2010/11/14

12/03(金)目黒区地域育成者フォーラム2010「子どもと遊び場」

固定リンク | by:なかやま

目黒区地域育成者フォーラム2010
テーマ:「子どもと遊び場」 遊びが育む子どものチカラ~何ができるか?大人のチエ

「子どもが健全に育つ環境」について研究、講演、提言を行っている「こども環境学会」の協力を得て、海外から目黒区内まで、「子どもと遊び場」に関するさまざまな活動を紹介し、学校と地域との連携による青少年健全育成についてみんなで考えます。

12 月3 日( 金) 午後7 時~ 9 時
目黒区総合庁舎2 階 大会議室
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/chosha/sogo/index.html
主催:目黒区青少年委員会 共催:目黒区教育委員会
問合せ:03-5722-9310 (目黒区教育委員会 地域学習課地域教育係)
参加希望者は、直接会場へお越しください。
入場無料

---【第1部】-------------
① 講演1:子どもが元気なまちづくり
 中山 豊(こども環境学会専務理事、建築家)
 子どもが主体的に参画する国内外の事例として、「プレイパーク(冒険遊び場)」、「子どものまち」、「子どもにやさしいまち(Child-Friendly-City)」などの活動を紹介します。

② 講演2:学校を拠点に楽しく元気なまちそだて
 岸 裕司(習志野市秋津コミュニティ顧問、学校と地域の融合教育研究会副会長、 こども環境学会理事)
 千葉県習志野市でPTA 活動から発展して、小学校の空き教室を利用した地域コミュ ニティの拠点をつくり、学校に地域の人々の活動を引き込むことによって、学校と地域社会の融合を実現してきた活動を紹介します。
 
---【第2部】-------------
① 報告:
区民まつり「子ども広場」の巨大段ボール迷路
 堀田主税(目黒区民まつり実行委員会副委員長)
 「区民まつり・子ども広場」に登場し、子どもの間で大人気となった「巨大段ボール迷路」がどのようにして実現したか、当日の映像を交えながら、そのアイデア、制作過程について、目黒の事例として報告します。

② ディスカッションと質疑応答:
 パネリスト:中山 豊、岸 裕司、堀田主税

101203目黒区地域育成者フォーラムs.pdf


00:00 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)